公開履歴
危険なウィルス

特定の疾患を示しているのが本来の性病の意味ですが、性交渉により人から人へと感染する病気という意味を、近年では示すようになりました。自覚症状のない場合もありますが、進行をすることで陰部に臭い香りが漂うようになったり、痛いとか痒いといった症状が出るケースが多いです。

医療機関を受診しての治療では昔よりも治癒のしやすい環境が整っており、優れた抗生剤が登場をしているおかげで早期治療により改善も早くなっています。しかし、安易に性交渉を行い何度も感染を繰り返してしまうと、優秀な抗生剤であっても、やがて効果が薄れるのは否めません。

抗生物質に問題があるというよりも、抗生物質の効果が出難い病原体が増えてしまうためです。感染前に対処する場合、症状が強ければすぐに医療機関での処置ができますが、自覚症状があまりない場合は発覚が遅くなるので、気が付かないうちに感染を拡大させてしまいます。

全般的に見ると女性の方が自覚症状には疎く、無意識のうちに感染を広げるケースは少なくはありません。感染は体内に一つの病原体が入り感染をするイメージですが、体内で病原体が増えてしまうことで、免疫力が低下し、それ以上の力を発揮してしまうため感染や発症する流れです。

基本的に性病の感染経路は性行為により感染をします。感染経路は膣性交のセックスに、口腔性交のオーラルセックス、肛門性交のアナルセックスなど、病原体を含む腟分泌液や血液に精液等が、皮膚や粘膜に接触することが感染の流れです。唾液や血液など分泌物は感染経路としてもよくあるパターンであり、身体の外から病原体が侵入しやすい粘膜や傷のある部分などは特に弱いと言えます。

日常生活などの普通の接触によって感染症を引き起こすことはありません。人との握手や同じ浴槽を使用したり、便座に座るなどしても移ることは無く、同じカップでの回し飲みや、公共の乗り物でつり革や手すりに触れたり、同じ蚊に刺されたとしても病原体に感染することはありません。

性交渉はお互いの粘膜同士をこすりつける行為となるため、粘膜にはそれだけ傷が付きやすく、感染をする確率を引き上げてしまいます。粘膜や傷と病原体との接触が無い状態であれば、理屈上では感染はしないということです。

もしも感染したのに自覚症状が無いまま放置をすると病気が進行し、最悪の場合は子供にまで感染してしまいます。パートナーにも感染もしますし、不妊症の要因ともなるため安易に考えることは出来ません。

一口に性病といっても種類は一つではなく、種類豊富なのも性病の特徴です。オーラルセックスによって感染する種類の中でもっともポピュラーなのは淋病であり、排尿の際に男性は痛みと感じます。男性は陰茎の先端、女性の場合はおりものとして黄色の膿が出てきます。

一生に一度は女性が感染すると言われる種類がヒト・パピローマ・ウイルスであり、性交渉が主な感染ルートとなります。症状は自然消滅をすることが多いものの、残ってしまうと良性では尖圭コンジロームに、悪性では子宮頸癌の要因となるため注意が必要です。ヘルペスの病変部分との接触で発症をするのが性器ヘルペスであり、痒い多数の小さな水泡が性器にできます。

性器クラミジア感染症は性器の臭いがきつくなり、男性の場合は尿道に痒みを感じやすいです。女性の場合は腹痛を起こしやすくおりものが増えるのですが、自覚症状があまりないため感染に気付かないことも少なくありません。

病原菌トレポネーマが粘膜や皮膚の些細な傷口から侵入して発症するのは梅毒であり、第1期と第2期があるのも特徴です。硬いしこりができるのが第1期、小さな斑点が全身に生じるのが第2期であり、多くの場合は血液検査により判明をします。